ペーパードライバー.jp お問合わせはコチラ
ペーパードライバー スクール 福岡・北九州を中心に広島 熊本 山口 大分 佐賀まで教習。ペーパードライバーの方、必見!

シートの適正な合わせ方

まずは、お尻をシートの背もたれに沿わせるように落とし込み、
シートの奥深くに座るようにします。

ミニバンなど、座面の高さを調整機能の付いたシートの場合は、
座面の高さ調整を行います。

デミオペーパードライバー

目安は、150冖にの方は一番高く、180儖幣紊諒は一番低く。

次に、シートのスライド調整を行います。
ブレーキペダルを踏み込んだ時に、
膝が完全に伸びきらないで軽く曲がっている状態に調整。

最後に、シートのリクライニング調整を行います。
ハンドルの上部を持ってみて腕が完全に伸びきらない状態(軽く曲がっている状態)に調整。

教習所時代には、シートポジションは前寄りほどいいですよ、
いう風潮がありましたが、

現在の車のほとんどのサイドミラーが、取り付け位置の変更で、
フェンダーミラーからドアミラーになっていますので、
あまりに前のポジションでは、サイドミラーが見にくくなります。

その他にも、前方の視野も狭くなりますし、もしもの時のエアバックが作動時にも危険を伴いますので、極端に前寄りのポジションでの運転は、避けたほうがいいでしょう。

だからと言って、あまりにふんぞり返る姿勢も良くありません。
ペダルやハンドル操作に悪影響を与えてしまいます。

 Copyright (c) 2002-2007 FUNTEC,Inc. All rights reserved.

コメント

コメントする

name:
email:
url:
Comments: