ペーパードライバー.jp お問合わせはコチラ
ペーパードライバー スクール 福岡・北九州を中心に広島 熊本 山口 大分 佐賀まで教習。ペーパードライバーの方、必見!

ハンドルを持つ位置とハンドルの握り方

ドライバーのレベルや走行状況で、ハンドルを持つ位置は変わります。

ペーパードライバーさんの初期段階の練習でのハンドルの持つ位置は、
教習所で習ったように、「10時10分ぐらいの位置」が良いようです。

車のスピードが遅く、ハンドルの持ち替えがまだスムーズに行えない
ペーパードライバーさんレベルには、この「10時10分ぐらいの位置」おすすめします。

ただ、ペーパードライバーさんもレベルが向上してくると、
幹線道路などを走行するようになり、それに伴ない、走行スピードも上がってきます。

そのような場所では、ハンドルの切り角は少なくなります。
そのような時に、そのまま「10時10分ぐらいの位置」でハンドルを持ってしまうと、
力が入りすぎて、ふらふら走行になったり、疲労を多く感じてしまったりすることがあります。

ある程度運転に慣れてきたペーパードライバーさんレベルで、
カーブのほとんどない直線道路やカーブがあっても緩やかな道路を走行する場合は、
両手ともにもう少し下の方、「9時15分の位置」で、ハンドルを持ってみましょう。
きっと楽に運転できると思います。

あまり気にされる事はないようですが、ハンドルの握り方も大切です。
ハンドルを軽く握り、親指はハンドルの内側に完全に入れてしまわないようにします。

親指を完全にハンドル内側に入れてしまうと、力が入りすぎてしまいますので、
親指はハンドルの内側に軽く当てるような感じにしておきます。

ハンドルの回し方に関しては、後ほど説明いたします。
ハンドルの回し方に関しては、いろんな本で紹介されていますが、
それぞれ、意見の分かれるところでございます。

 Copyright (c) 2002-2007 FUNTEC,Inc. All rights reserved.

コメント

コメントする

name:
email:
url:
Comments: