ペーパードライバー.jp お問合わせはコチラ
ペーパードライバー スクール 福岡・北九州を中心に広島 熊本 山口 大分 佐賀まで教習。ペーパードライバーの方、必見!

「3代目プリウス」に試乗!・・・これはいい!!

ペーパードライバーの方でも、内装・操作性はシンプルで、
ハイブリッドカーだからといった、ご心配はご無用!

賢いハイブリッドシステムは、全て車任せ ・・・
乗車時にエンジンをかける必要もありません。

今回の「ペーパードライバー向け?お車紹介」では、
今話題の最新ハイブリッドカー「3代目プリウス」を取り上げてみました!

画像

まず、納車予定日を聞いて驚きました!

この車、今月7月に契約したとしても、
納車が来年の4月以降になるとの事です!!

普通の国産車であれば、納車期間は1ヶ月ほどですので、
通常では考えられないような長い納車期間となってしまってます。
(担当者に聞くと、売れているのはプリウスだけ。他の車種は、さっぱり売れていないとの事。。)

試乗した感想・・「これはいい!」

お子様が1人までの家族構成で、
来年4月まで、納車を待てる方は、間違いなく「買」です!

実際、試乗してしまうと、
思わず契約書にサインしたくなります(^_^.)
ご注意ください。

私も、試乗後に顔がニヤニヤになっちゃいました。

一言で、この車を表現すると、
「次世代エコロジースポーツ高級車」とでも言いましょうか??

価格が2倍程度するスポーツカーや高級車の良いところを全て併せ持ってます。

一般的に、環境性能・運動性能は対立するものですが、
この車、すごいレベルで、この相反する性能を両立しています。

仕事柄、いろんな車に乗りますが、こんな良い車は初めてです。

この不景気の中、最新の日本の技術を詰め込んで、世に出されたこの「プリウス」、特にトヨタ好きという私ではありませんが、この日本車に誇りを感じました。

運転してみると、エンジン音が静かなので、
スピード感はそれほどないのですが、

パワーモードのボタンを押したときの加速は、
そのあたりのスポーツカーよりも速い!

全く、そのエクステリアから予想できないスマートな速さです。
(正直、このスタイルだけは、好き嫌いの分かれるところでしょう)

そんな「おじさん車の皮を被ったスポーツカー」の実質燃費は、リッター30船ーバー!!

ガソリン満タン(5、6千円分)で、約1350繊Ακ_〜名古屋間が往復できてしまいます。

そして、意外だったのが、走りのフットワークや乗り心地も非常にいい事。

お財布に優しくて、後部座席のお母さん、ニンマリ。
(後部座席は、2代目より大幅に拡大されて、脚も組めそうです。)

画像 後部座席

ミニバンでは車酔いしてしまう助手席のお子さんも、揺れの少ないスマートな走りにニンマリ。

昔スポーツカーに乗っていた運転席のお父さんも、その楽しい走りにニンマリ。

トランクの容量も2代目より、大きくなっています。
横幅がかなり拡大された印象。
先代まではゴルフバックがギリギリ2セットだったのが、
新型では楽に3セット収納が可能だということです。

画像 トランク

ペーパードライバーの方でも、内装・操作性はシンプルで、
ハイブリッドカーだからといった、ご心配はご無用!

賢いハイブリッドシステムは、全て車任せ ・・・
乗車時にエンジンをかける必要もありません。

画像 運転席

お見積もりも取ってみました!

ベースグレード(このグレードが一番燃費が良い)に、CDデッキ&
ペーパードライバーさんに優しい「メンテパック」なるものも付けたお見積もりが、次の通りです。

画像 見積上段

画像 見積下段

景気対策の税制処置で、自動車重量税・自動車取得税が100%減税で、
0円というのが大きいですね。

通常だと、あと15万円ぐらいはかかってしまうのではないでしょうか。

ただ、納車が来年3月までには間に合わないということで、
今話題の、新車購入補助制度(エコカー補助金)・・・普通車で10万円(軽自動車は半額)、車齢13年以上の車を廃車にして買い替えた場合に普通車で25万円(同)の補助を受けられる。 
という制度が利用できないというのが、大変残念なところです。

他の車(燃費性能などが一定基準を超える環境対応車)であれば、
ほぼ全てこの補助金が利用できるでしょう。

空気抵抗を限界まで減らした外観に関しては、
どうしても好き嫌いの分かれるところ。

そのスタイリングと、(7月契約で、納車が来年4月以降!)という信じられないように長い待ち時間に絶えられる方には、

ぜひ購入をおすすめします!

追記・・やはり、間違いなく間に合わないようです!
時事通信 7月24日
トヨタ自動車は23日以降に受注したハイブリッド車の新型「プリウス」について、納車が来年4月以降になることを24日、明らかにした。これにより、来年3月末までに新車登録すれば適用される国の新車購入補助制度(エコカー補助金)の対象外となる。同社はホームページなどで注意を呼び掛けている。
 新型プリウスは、燃費性能の高さや低価格戦略が受け、23日時点で受注が24万台を超える人気。国内2工場で月5万台ペースで生産し、うち2万台を国内向けに供給している。同社は、輸出用の一部を国内に振り向けることも検討しているが、既に3月末までの納車は極めて困難な状況だ。

コメント

コメントする

name:
email:
url:
Comments: