ペーパードライバー.jp お問合わせはコチラ
ペーパードライバー スクール 福岡・北九州を中心に広島 熊本 山口 大分 佐賀まで教習。ペーパードライバーの方、必見!

2009年07月

今回のお車紹介は・・・スズキのワゴンR!

2009-07-30

スズキさん曰く、「おかげさまで、6年連続No1!」
今回は、ワゴンRをご紹介。

現行型ワゴンR

軽自動車の中で、大変人気のある車種の1つですね。
ペーパードライバーさんの中にも、気になってる方が多いはず。

今回、お尋ねしたのは、福岡市のある教習所横にある
新車・中古車の軽自動車専門店。

どちらかというとスズキ系のお店のようですが、
かなり大きな販売店でしたので、

スズキのワゴンRダイハツのムーヴホンダのライフ
試乗することが出来ました!

ちなみに、このお隣りの教習所出身のお客様も多いらしく、
やはり人気No1は、ワゴンRとのこと。

今回も見積りを取ってみましたので、まず初めに、ご紹介!

グレードは、基本的な装備が全てついて、お買い得感が大きい「FX」を選択。

このグレードのメーカー希望小売価格は 104万4750円。

見積りの結果は、支払総額 112万円(値引き5万1416円・エコカー減税2万円)。
購入後には、更に国からエコカー補助金(5万円)がキャッシュバックされますので、
実質支払額 107万円 となります。全て消費税込みの金額となってます。

もうちょっと値引きをがんばれば、

最終的な支払額は、107万円。実質支払額100万円
といったところでしょう。

実際にお店に足を運んで驚いたのが、

エコカー減税(2万円)+エコカー補助金(5万円)の効果で、

高年式の中古車や未走行の新古車より、新車のお買い得感が大きいという事。お店の人の説明では、新車以外はエコカー減税・補助金の対象ならないとの事。

特にワゴンRに関しては、
去年モデルチェンジを行った現行型を買うなら、絶対に新車がいいと思います。
中古車の価格があまり落ちていませんから。

この現行型のワゴンRですが、
車内の質感がかなり良くなってる印象で、後部座席も広々。

後部座席
後部座席

チャイルドシートを装着時も、お子様の乗り降りが楽そうです。

荷台も、ベビーカーの収納に問題ありませんし、

この写真は後部座席を畳んでます

多彩なシートアレンジも多彩なので、もっと大きな荷物でも積載可能です。

シートアレンジ

オートマチックのシフトレバーも、旧型のコラム式から一般的な形になっています。
ペーパードライバーの方は、駐車時にどうしても、シフトミスをやってしまうものですが、私の教習時の経験から、一般式のシフトレバーの方が、コラム式よりずっとミスが少なくなります。

シフトレバー

走行性能も問題ありませんが、ホンダのライフと比べるとエンジンがもうちょっとって感じでしょうか?

ホンダのライフ

もし、より高次元な走り(スムーズ&静か)を求める方は、
1つ上のグレード「FX limited」(CVT変速機)を選択してもいいと思います。

燃費も良くなり、エコカー減税の割引率も50%から75%になるため、実質増加負担分は、12万円ほどだと思います。

エコカー減税表

常に荷物をいっぱい載せる。3人以上の乗車が多い。車の使用が主に山間部。
などといった特別の理由がない限り、最上級グレードの「FT limited」は、おすすめしません。

ターボ装着で、めちゃくちゃ良く走りますが、燃費は悪く、エコカー減税対象外となってしまいますので、お財布にはあまり優しくありません。。

エコカー減税の内容を解りやすく!

2009-07-25

今回は、解りにくいエコカー減税を、取り上げてみましょう!

エコカー減税の適用パターンは、次の3つ。
A100%減税、B75%減税、C100%減税

200万円程度の乗用車を例に
購入時に支払う税金が、どのくらいお得かというと、

対象外の車では、購入時に14万6700円を支払うところが、
A 100%減税車が、     0円。 (14万6700円のお得)
B  75%減税車が、3万6675円。 (11万25円のお得)
C  50%減税車が、7万3350円。 (7万3350円のお得)

また、この購入時に支払う自動車取得税と自動車重量税(3年分)以外にも
購入の翌年度に支払う、自動車税に割引があります。

詳細は、以下の通り・・・

100%減税とは、
購入時に支払う、自動車取得税と自動車重量税(3年分)が、無料。
購入の翌年度に支払う、自動車税が、50%減税。

主な対象車種
プリウス インサイト エクストレイル(クリーンディーゼル)

75%減税とは、
購入時に支払う、自動車取得税と自動車重量税(3年分)が、75%減税。
購入の翌年度に支払う、自動車税が、50%減税。

主な対象車種
アクセラ セレナ IQ MPV アルト アルファード ヴィッツ ウイングロード ヴォクシー エクシーガ
エクストレイル エスティマ エッセ オデッセイ キューブ セルボ ティーダ ノア ノート フィット
フリード デミオ ミラ ムーヴ ラパン ワゴンR など

50%減税とは、
購入時に支払う、自動車取得税と自動車重量税(3年分)が、50%減税。
購入の翌年度に支払う、自動車税が、25%減税。

主な対象車種
eKワゴン インプレッサ ウィッシュ エッセ オデッセイ コルト ステップワゴン
ステラ デミオ ノア フォレスター プレマシー マーチ ラクティス など

エコカー減税を考える上で、注意すべき点は、
同じ車種であっても、グレードにより区分けが変わることがある
ということです。

ペーパードライバーさんに人気がある軽自動車やコンパクトカーに多いので、
注意が必要です!

「3代目プリウス」に試乗!・・・これはいい!!

2009-07-18

ペーパードライバーの方でも、内装・操作性はシンプルで、
ハイブリッドカーだからといった、ご心配はご無用!

賢いハイブリッドシステムは、全て車任せ ・・・
乗車時にエンジンをかける必要もありません。

今回の「ペーパードライバー向け?お車紹介」では、
今話題の最新ハイブリッドカー「3代目プリウス」を取り上げてみました!

画像

まず、納車予定日を聞いて驚きました!

この車、今月7月に契約したとしても、
納車が来年の4月以降になるとの事です!!

普通の国産車であれば、納車期間は1ヶ月ほどですので、
通常では考えられないような長い納車期間となってしまってます。
(担当者に聞くと、売れているのはプリウスだけ。他の車種は、さっぱり売れていないとの事。。)

試乗した感想・・「これはいい!」

お子様が1人までの家族構成で、
来年4月まで、納車を待てる方は、間違いなく「買」です!

実際、試乗してしまうと、
思わず契約書にサインしたくなります(^_^.)
ご注意ください。

私も、試乗後に顔がニヤニヤになっちゃいました。

一言で、この車を表現すると、
「次世代エコロジースポーツ高級車」とでも言いましょうか??

価格が2倍程度するスポーツカーや高級車の良いところを全て併せ持ってます。

一般的に、環境性能・運動性能は対立するものですが、
この車、すごいレベルで、この相反する性能を両立しています。

仕事柄、いろんな車に乗りますが、こんな良い車は初めてです。

この不景気の中、最新の日本の技術を詰め込んで、世に出されたこの「プリウス」、特にトヨタ好きという私ではありませんが、この日本車に誇りを感じました。

運転してみると、エンジン音が静かなので、
スピード感はそれほどないのですが、

パワーモードのボタンを押したときの加速は、
そのあたりのスポーツカーよりも速い!

全く、そのエクステリアから予想できないスマートな速さです。
(正直、このスタイルだけは、好き嫌いの分かれるところでしょう)

そんな「おじさん車の皮を被ったスポーツカー」の実質燃費は、リッター30船ーバー!!

ガソリン満タン(5、6千円分)で、約1350繊Ακ_〜名古屋間が往復できてしまいます。

そして、意外だったのが、走りのフットワークや乗り心地も非常にいい事。

お財布に優しくて、後部座席のお母さん、ニンマリ。
(後部座席は、2代目より大幅に拡大されて、脚も組めそうです。)

画像 後部座席

ミニバンでは車酔いしてしまう助手席のお子さんも、揺れの少ないスマートな走りにニンマリ。

昔スポーツカーに乗っていた運転席のお父さんも、その楽しい走りにニンマリ。

トランクの容量も2代目より、大きくなっています。
横幅がかなり拡大された印象。
先代まではゴルフバックがギリギリ2セットだったのが、
新型では楽に3セット収納が可能だということです。

画像 トランク

ペーパードライバーの方でも、内装・操作性はシンプルで、
ハイブリッドカーだからといった、ご心配はご無用!

賢いハイブリッドシステムは、全て車任せ ・・・
乗車時にエンジンをかける必要もありません。

画像 運転席

お見積もりも取ってみました!

ベースグレード(このグレードが一番燃費が良い)に、CDデッキ&
ペーパードライバーさんに優しい「メンテパック」なるものも付けたお見積もりが、次の通りです。

画像 見積上段

画像 見積下段

景気対策の税制処置で、自動車重量税・自動車取得税が100%減税で、
0円というのが大きいですね。

通常だと、あと15万円ぐらいはかかってしまうのではないでしょうか。

ただ、納車が来年3月までには間に合わないということで、
今話題の、新車購入補助制度(エコカー補助金)・・・普通車で10万円(軽自動車は半額)、車齢13年以上の車を廃車にして買い替えた場合に普通車で25万円(同)の補助を受けられる。 
という制度が利用できないというのが、大変残念なところです。

他の車(燃費性能などが一定基準を超える環境対応車)であれば、
ほぼ全てこの補助金が利用できるでしょう。

空気抵抗を限界まで減らした外観に関しては、
どうしても好き嫌いの分かれるところ。

そのスタイリングと、(7月契約で、納車が来年4月以降!)という信じられないように長い待ち時間に絶えられる方には、

ぜひ購入をおすすめします!

追記・・やはり、間違いなく間に合わないようです!
時事通信 7月24日
トヨタ自動車は23日以降に受注したハイブリッド車の新型「プリウス」について、納車が来年4月以降になることを24日、明らかにした。これにより、来年3月末までに新車登録すれば適用される国の新車購入補助制度(エコカー補助金)の対象外となる。同社はホームページなどで注意を呼び掛けている。
 新型プリウスは、燃費性能の高さや低価格戦略が受け、23日時点で受注が24万台を超える人気。国内2工場で月5万台ペースで生産し、うち2万台を国内向けに供給している。同社は、輸出用の一部を国内に振り向けることも検討しているが、既に3月末までの納車は極めて困難な状況だ。